Achieving Independence by Accessibility and Assistive Technology.

- アクセシビリティと支援技術で自立支援とユニバーサル社会の実現を -

- アクセシビリティと支援技術ですべての人の自立を可能に -
アクセスプランニングは、自治体や省庁の様々な委員を歴任し、幅広い分野で活躍している山崎泰広をチーフコンサルタントとした活動を行っております。 対象は、国、自治体、企業などさまざまです。

 山崎と弊社の取り組みは、特に二つの分野で高く評価されています。ひとつは既存の建物のバリアフリー化、ユニバーサルデザイン化、そしてすべての人に優しいまちづくりに関するコンサルティングです。イベント、大会、ホテルやサービス 業に対してのユニバーサルデザイン、そして障害者理解に関するコンサルティングも提案しています。
二つ目は、支援機器と支援技術による障害者や高齢者の自立支援、介護軽減のコンサルティングです。車椅子とシーティングを20数年に渡って欧米で最新技術を学び続けており、日本最高レベルのシーティングスペシャリストとして車椅子や支援機器に関するコンサルティングを提供すると共に障害者や高齢者に関する製品の開発、製品のユニバーサルデザイン化についてもコンサルティングを提供しています。

 これまでにも障害児、重度障害者、高齢者、さらにはアクティブな車椅子ユーザーやトップアスリートまですべての車椅子使用者に車椅子とシーティングに関するコンサルティングを提供。ユニバーサルツーリズムに関するコンサルティング、日本発のパーキングパーミット制度の企画、提案、導入、オフィスチェアの開発、ユニバーサルタクシーのコンサルティング、褥瘡対策用のズボンからリハビリロボットまで多種多様な製品に関するコンサルティングを提供しています。